本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 大学教授・研究者の経歴 > 門倉貴史

門倉貴史の学歴・経歴(経済学者)

テレビ・執筆業で活躍中の門倉貴史(かどくらたかし)先生は、経済評論家、同志社大学大学院非常勤講師です。

門倉貴史先生の経歴・学歴は以下のようになっています。

知性溢れる職業だね。! 経済評論家


学歴・職歴

神奈川県立横須賀高等学校 卒業。
慶應義塾大学経済学部 卒業。
浜銀総合研究所 入社。
2005年6月まで第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。
2005年7月からBRICs経済研究所代表。
2007年同志社大学大学院非常勤講師。

ウィキペディアより

簡単に説明しますと、


高校卒業 
 大学卒業 
 経済研究所 入社 
 独立
 大学院非常勤講師

となっています。

経済評論家の学歴は。。。 エコノミスト


大卒の人が大学院の教員になれるの?

ここで疑問に感じませんか。大卒の人が大学院の教員になれるの???

大学・大学院の教員になるために必須の資格はありません。なので、大卒・高卒などいろいろな学歴の教員がいます。

特に文系学部は、大卒などいろいろな方がいらっしゃいますが、理系学部は、大学院後期課程をでている博士の方がほとんどです。

経済評論家になるには、大学経済学部を卒業して、銀行や証券会社の経済研究所などに、就職して、エコノミストになることを目指しましょう。

お友達が、某経済系テレビ局でアルバイトをしていたのですが、いろんな会社のエコノミストがいらっしゃいまして、会社の偉い方々に、ごあいさつされていたそうです。お友達の個人的な印象ですが、エコノミスト(経済評論家)の方は、身なりのきちんとした方々ばかりで、上品かつ紳士的でステキだといっていました。頭の良さだけでは、なれない職業みたいですよ。

がんばろう!!! 門倉貴史

 門倉貴史先生の本をさがす
 経済学について調べる
 経済学研究者 になるには
 経済・金融の仕事 について