本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 大学教授の仕事、5つの魅力

大学教授の仕事、5つの魅力

大学教授 教員大学教授に興味はあるけれど、具体的に大学教授の仕事にはどのような魅力・メリットがあるのか?気になりませんか。

どんな職業にもメリットとデメリットがあります。高校生にもわかりやすく解説します。


1、好きな分野をとことん追求できる

会社員は会社の利益のために働きます。好きなことだけするわけにはいきません。しかし、大学教授は利益のえられないことであっても、自由に研究をすることができます。


2、社会的地位が高い

大学教授は社会的地位が高く、尊敬されることが多いです。


3、自由度が高い

大学により勤務時間の規定はありますが、実際にはあまり時間に縛られるとこはありません。講義や会議などのない時間は自由にスケジュールを組むことができます。また、服装も自由な大学が多く、スーツではなくカジュアルファッションが主流です。


4、社長になれる

大学教授をしながら、副業で社長をいる人はたくさんいます(大学発ベンチャー起業)。専門知識をいかして、研究開発する会社をつくるのです。

また、社長以外の副業も盛んです。よくあるのは、他大学の非常勤講師・講演活動・本の執筆・テレビ出演など多方面で活躍できます。

副業といっても、本業の大学でのお給料以上に稼いでいる先生も中にはいます。


5、男女平等

圧倒的に男性の多い職業ですが、最近は女性大学教授が増えています。採用時は男性のほうが有利になるケースもありますが、一旦採用されれば、お給料・勤務時間などすべての待遇が男女平等です。大変なことですが、子育てしながら働くことも可能です。


大学教授の仕事のデメリット

デメリットここまでは大学教授の仕事の魅力をお伝えしてきましたが、よくない点・デメリットもあります。次は、デメリットを紹介します。


忙しい

とても忙しいです。大学に寝泊まりして徹夜で仕事をすることもあります。


少子化で大学数が減る

少子化により学生が減ると、大学の収益が減少します。そして、閉鎖する大学が増えるかもしれません。大学が閉鎖されてしまうと、大学教授は失業してしまいます。