本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 大学教授になる方法(いろいろ)

大学教授になる方法(いろいろ)

大学教授になる方法(いろいろ)

大学教授 研究者 学者

大学教授になるには大学院を卒業して博士号を取得するのが一般的ですが、実はほかにも大学教授になる方法には各種ルートがあります。


 高校  大学  大学院前期課程  大学院後期課程  助教  講師  准教授  大学教授

 高等専門学校  大学編入  大学院前期課程  大学院後期課程  助教  講師  准教授  大学教授

 高校  大学  大学院前期課程(修士)  助教  講師  准教授  大学教授

 高校  大学  大学院前期課程  企業に就職  大学院後期課程  助教  講師  准教授  大学教授

 高校  大学  大学院前期課程  大学院後期課程  研究所に就職  30年勤務  大学教授

 高校  大学  企業に就職  大学院前期課程  大学院後期課程  助教  講師  准教授  大学教授

 高校  芸能人  大学教授

たくさんの方法があるんだね。大学資料請求


解説

このように大学教授になる方法にはいろいろなルートがあるのです。

大学院後期課程を修了し博士号を取得するのが一番一般的な方法です。詳細 

大学教授には、いろんな経歴の持ち主がいます。たとえば、工学部には 高専(高等専門学校)卒は大勢います。

のように、大学院前期課程修了の「修士」で、採用される人もいます。修士で採用された場合は、大学で働きながら博士を取得することが必須条件になります。

のように、いったん就職してから、大学院にもどり博士号を取得して、大学教員への道を進む人も多いです。

のように、民間研究所で研究をつづけて実績認められ、定年後(もしくは定年間近)に大学教授に転職する人も多いです。

のように、大学を卒業して就職してから、社会人入試で大学院に入り直して大学教授や研究者を目指す人も多いです。

のように、芸能人・スポーツ選手など有名人からいきなり大学教授になることも可能です。その場合は学歴を問われなかったり、博士号をもっていなくても大丈夫なことが多いのですが、学歴や博士号のかわりに、一芸に秀でた才能を持っていることが必要になります。

大学院後期課程を修了した人は、助教として採用されることが多いようです。各大学の規定より異なりますので、助手もしくは講師採用される人もいます。

目指すは博士だな!!資料請求