本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 大学教授・研究者の経歴 > 植木理恵

植木理恵の学歴・経歴(心理学者)

心理学者 評論家 カウンセラー

ホンマでっかTV(フジテレビ)などのテレビ・本の執筆で活躍中の植木理恵(うえきりえ)先生は、心理学者、臨床心理士、心理評論家、慶応大学教員です。

植木理恵先生の経歴・学歴は以下のようになっています。

心理学者になるには? 


学歴・経歴

大分県出身。
大分県立大分上野丘高等学校 卒業
お茶の水女子大学 生活科学部人間生活学科(発達臨床心理学講座) 卒業。
東京大学大学院 教育学研究科 教育心理学コース 博士課程単位取得退学。

簡単に説明しますと、

高校卒業 
 大学卒業 
 大学院前期(修士)課程修了 
 大学院後期(博士) 博士課程単位取得退学

となっています。

博士課程単位取得退学って。。。 高校生


博士課程単位取得退学とは

植木先生は東京大学後期(博士)課程を、博士課程単位取得退学しています。『博士課程単位取得退学』について解説します。

博士課程単位取得退学とは、規定単位を取得することができたけれど、博士論文だけが認められず、大学を辞めることです。なので、大学までの卒業を意味する、修了ではありません。博士論文が認められるのは、難易度が高いとゆうことですね。

博士課程単位取得退学をしたからといって、博士号が取得できないわけではありません。論文博士といって、大学院に在籍はしないで、論文を書き、学位審査で認められれば博士号を取得することができます。

植木先生は博士じゃないの? 


大学と大学院

心理学者は、大学院前期課程(修士)修了もしくは大学院後期課程(博士)修了の学歴をお持ちの方がほとんどです。

植木理恵先生の場合、お茶の水女子大学を卒業後に、東京大学大学院(前期・後期)に進学しています。大学と大学院は違う学校に通っていらっしゃいますが、理工系大学では、同じ大学・大学院と進む学生が大半です。(心理学は文系)

ごくまれに、『研究室の大学教授と相性が悪い』、『やりたい研究分野が他大学にしかない』『大学より偏差値が高い大学院に合格した』などの理由で他大学院に進む学生もいます。


心理学者になるには

心理学の分野のアカデミックな就職は、きびしいとのウワサです。これだけ立派な経歴をお持ちの植木理恵先生ですが、慶應義塾大学の正規の大学教員ではなく、非常勤講師です。大学講師のかたわら、臨床心理士として都内総合病院心療内科に勤務されています。

植木理恵先生のように、テレビ出演したり、本を執筆したり、講演会で人気な方は、それなりの安定した収入を得ることできますが、いまから心理学者をめざず方は、きびしいことを覚悟してくださいね。


心理学の資格

認定心理士
日本心理学会認定。大学心理学部を卒業した人。

臨床心理士
財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定。心理系大学院を卒業した人が取得できる資格。植木先生がお持ちです。


お役立ちサイト(外部サイト)

植木理恵先生の本を探す ← 要チェック

心理学者になりたい ← 大学心理学部ランキングほか   

心理学の資格一覧 ← 社会人・大学生