本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 担当コマ数

担当コマ数

大学教員 コマ数

大学教員の担当コマ数は、1週間にどのくらいなのか調べました。中学高校の教員と比べて、大学教員は講義(授業)数が少ないと聞きますが、実際どうなのでしょうか。

大学では授業のことを講義と呼びます。
講義単位を1コマといいます。1コマ=90分

大学の講義の単位はコマ!コマ数

<国公立・私立大学> 合計

時間
平均 7.3
教授 8.1
准教授 8.4
講師 8.5
助教 3.9
助手 1.3


その結果、大学教員の1週間の担当時間は、(平均)7.3時間でした。(文部科学省 教員個人調査(H19)より)とゆうことは、週平均5コマ担当していることになります。単純に考えると、月曜日から金曜日までのうち1日1コマ講義をしていることになります。

1日1コマかぁ、楽な仕事?コマ数


<国立大学>大学教員 週担当時間数

時間
6.1
教授 6.8
准教授 6.5
講師 5.5
助教 3.9
助手 1.7

中高の教員より少ない・・・コマ数


<私立大学>大学教員 週担当時間数

時間
7.6
教授 8.4
准教授 9.3
講師 8.7
助教 3.6
助手 1.1

 
国立大学と私立大学の担当コマ数比較してみましょう。

国立大学の平均時間6.1時間に対し、私立大学の平均時間が7.6時間。私立大学のほうが、担当講義数が多いことがわかります。

私が個人的に聞いた話では、国立大学の60歳前後の大学教授は、週に1コマもしくは、2コマ程度しか講義を担当していない人も多いととか。

とはいえ、中学高校の教員と比べると、少ないですね。大学教授の仕事は、講義をするほかに、研究があります。(大学教授の担当講義の時間数が少ないからといって、けっしてヒマな職業ではありませんよ。)
大学教授の仕事内容を詳しくしりたい方はコチラ)

*資料出所:文部科学省 教員個人調査 平成19年度より一部抜粋
*週担当授業時数は,講義,実習,実験,演習等の担当時数を分を単位として合計し,60で除し,1時間未満は四捨五入したものである。
*非常勤除く

講義と研究が大学教員の仕事講義数


日本私大教連がおこなったアンケート結果

日本私大教連がおこなったアンケート  

アンケート内容:
「担当コマ数は、 過去10年間について(あるいは、10年以内に就職された方は就職当初と比較して)持ちコマ数は、どのように変化しましたか、あなた自身の実感についてお答えください。」

かなり増えた・若干増えたをあわせると、約70%の大学教員が、担当コマ数が増えていると回答しています。

不況と少子化で大学経営がきびしくなりつつありますので、大学は人件費削減のため、大学教員の数を減らそうとしています。結果、個々の大学教員の負担が増える傾向にあるようです。これから、大学教員を目指す人には、うれしくない現状ですね。

アンケート結果

・若干増えた 73票
44.2%

・かなり増えた 41票
24.8%

・変わらない 39票
23.6%

・若干減った 11票
6.7%

・かなり減った 1票
0.6%


現実はきびしい講義