本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップ > 大学ランキング > 志望者数激減した大学ランキング

志望者数激減した大学ランキング

志望者数激減した大学ランキングは、2009年度の入学志望者から、2004年度の志望者数を引いた人数が多い、理工系大学・学部のランキングです。

ランキングのトップ10はすべて私立大学ですが、国立大学の同じく志望者数が減っています。東京大学(理一)は、1793人の減少で12位にランキングされています。

1950年代と比べると、理工系学部の定員は3倍近く増えています。かつ少子化で18歳人口が減っています。これでは、学生が集まらない大学がでてくるのも、当然ですね。

年々「理系離れ」が進んでいます。しかし、逆にポジティブに考えると、理工系大学は倍率が低くなっているので、志望大学に入学しやすい!!ともいえるのではないでしょうか?

<単位:人>


順位 大学 学部 2009年度の04年比、減少者数 09年度志望者数 04年度志望者数
1 立命館大学 理工 ▲ 8,517 16,921 25,438
2 工学院大学 ▲ 6,283 4,912 11,195
3 立命館大学 情報理工 ▲ 4,893 3,828 8,721
4 東京都市大学 ▲ 4,743 8,406 13,149
5 東京電機大学 ▲ 4,282 5,788 10,070
6 千葉工業大学 ▲ 4,207 11,220 15,427
7 愛知工業大学 ▲ 2,905 4,161 7,066
8 中部大学 ▲ 2,769 2,239 5,008
9 神奈川工科大学 ▲ 2,418 1,079 3,497
10 日本大学 理工 ▲ 2,319 12,277 14,596


*週刊ダイヤモンド 2009.10.31号より