本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 大学教員になるために必要な学費

大学教員になるために必要な学費はいくら?

大学教員 学費

大学教授になるために必要な主な費用は、学費です。大学教授になるには大学院後期まで修了するのが一般的です。そのためにはたくさんの学費が必要になります。また、学生の間の生活費もかかることになります。

では、具体的に学費・生活費はいくらかかるか調べました。

たくさんの学費を支払うことが困難だと思われる方のために、奨学金制度とゆうのがありますので、中高生だけでなく、保護者の方も参考にしてください。


大学の学費

大学4年間でかかる費用の目安

入学まで 学費など(年間) 生活費(年間) 4年間合計
国立大学 自宅 72 65 35 472
自宅外 115 113 827
私立大学 文系 自宅 58 110 40 658
自宅外 101 112 989
理系 自宅 60 141 40 784
自宅外 103 112 1,115


*単位: 万円
*入学までの費用: 受験料、大学納付金(未入学大学含む)、住まい探しの費用など。
*生活費: 通学費、食費、住居・光熱費、保険衛生費、娯楽、嗜好費など。
*週刊エコノミスト11/16号より引用しました(出所: 文部科学省「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、日本学生支援機構「平成18年度学生生活費調査報告」、日本政策金融公庫総合研究所「平成18年度家計における教育費負担の実態調査」より作成」)


国立大学の学費

 入学金:282,000円、授業料:535,800円 (合計:817,800円)
 (2008年度の国立大の標準額)


私立大学の学費

 入学金:273,000円、授業料834,751円、施設設備費190,410円 (合計:1,298,726円)
(2007年度の私立大の平均) 

 *各大学の授業料の詳細が知りたい方は大学受験パスナビ


大学院の学費

私立大学院の初年度納付金

授業料 入学料 施設設備費 合計
博士前期課程 722,344円 240,477円 112,334円 1,075,156円
博士後期課程 610,204円 235,399円 124,140円 969,743円
専門職学位課程 1,168,412円 246,122円 137,312円 1,551,845円


調査学校数:博士前期課程408大学、博士後期課程294大学、専門職学位課程70大学
*文部科学省「私立大学等の平成20年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」より

看護系大学院の学費/看護師におすすめ通信制大学ガイド こちらのサイトに詳しく掲載されています。

有名大学の学費と比較

主な大学・学部の初年度学生納付金です。10年前と比較すると、どの大学も上昇しています。

大学 学部 1999年度(円) 2009年度(円) 10年前比較(%)
東京 753,800 817,800 108.5
慶應義塾 経済 1,099,530 1,230,350 111.9
慶應義塾 3,452,530 3,684,350 106.7
早稲田 政治経済 1,062,300 1,236,500 116.4
早稲田 先進理工 1,481,200 1,719,000 116.1
日本 1,010,000 1,100,000 108.9
同志社 1,065,000 1,112,000 104.4
国際基督教 教養 1,578,000 1,659,000 105.1


*初年度学生納付金は入学金、授業料、諸経費の合計
*週刊ダイヤモンド


奨学金制度/日本学生支援機構

東京地区私立大学教職員組合連合の調査では、大学入学時に5人に1人が、約164万円を借り入れたと回答しています。少しでも金利が低く、有利なところを選びましょう。

一番多くの人が利用している奨学金制度が日本学生支援機構です。 大学教授になった人の多くも、この奨学金制度を利用して学費を支払いました。


日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構は、一番多くの学生が利用している奨学金制度です。

第一種奨学金 第二種奨学金
利息 無利息 年利3%上限(在学中無利息)。利率固定方式と利率見直し方式がある。
貸与月額 国立大学 自宅 4万5000円 3万
5万
8万
10万
12万
(自由選択)
自宅外 5万1000円
私立大学 自宅 5万4000円
自宅外 6万4000円
学力基準 1年時は、高校最終2年の成績が3.5以上など。2年以上は大学における成績が学部(科)の上位1/3以内など。 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者に貸与する。
家計基準 年収・所得の上限 給与所得者 給与所得以外 給与所得者 給与所得以外
国公立大 自宅 951万円 465万円 1292万円 757万円
自宅外 995万円 509万円 1341万円 806万円
私立大 自宅 998万円 512万円 1344万円 809万円
自宅外 1041万円 555万円 1391万円 856万円


*在学採用、2009年度
*年収・所得の上限は4人家族の目安
*日本学生支援機構 奨学金ガイド2009より


奨学金・返還シュミレーション

借りる前に、きちんと返還できるか確認しましょう。借りたお金を返すのは当たり前のことなのですが、ここ最近、借りた奨学金を返還しない人が増えてきているそうです。今後は今まで以上に、取立てが厳しくなると思われるので、きちんと返還計画をたててから、借りてください。

第一種奨学金(無利息)

貸与月額 貸与総額 返還額/月 返還回数(年)
大学
(45ヶ月)
国公立 自宅 45,000 2,025,000 12,053 168(14)
自宅外 51,000 2,295,000 12,750 180(15)
私立 自宅 54.000 2,430,000 13,500 180(15)
自宅外 64,000 2,880,000 15,000 192(16)


*2009年度入学者。在学採用(入学後の申し込み)時の貸与月額で計算


第二種奨学金(利息付)

貸与月額 貸与総額 返還金額 返還額/月 返還回数(年)
30,000 1,440,000 1,761,917 11,293 156(13)
50,000 2,400,000 3,018,568 16,769 180(15)
80,000 3,840,000 5,167,586 21,531 240(20)
100,000 4,800,000 6,459,510 26,914 240(20)
120,000 5,760,000 7,751,445 32,297 240(20)


*大学学部・貸与期間48ヶ月の場合。年利率は3.0%で計算


公的融資制度

多くの金融機関が扱っています。

商品名 国の教育ローン
(教育一般貸し付け)
財形教育融資
取扱金融名 日本政策金融金庫 雇用・能力開発機構
融資限度額
(学生1人につき)
300万円 財形貯蓄残高の5倍、最高450万円
金利* 2.5%(固定) 2.19%(固定)
対象校 高校、短大、大学、大学院、高専、高修、各種学校、外国の高校・大学・大学院など。
年収上限 子1人は790万円(事業所得者590万円)。2人は890万円(680万円)。子の数で逓増 なし
保証 連帯保証人1人以上または機関保証(所定の保証料がかかる)が必要
返済条件 返済期間 15年以内(交通遺児や母子家族は18年以内) 10年以内
返済方法 毎月払い、ボーナス払い併用払い
問い合わせ 日本政策金融公庫の支店、金融機関 勤務先または金融機関

*金利は2009年6月現在