本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップページ > 大学教授になる方法 > 就職できなかったら

就職できなかったら

大学教員になりたい人はたくさんいます。しかし、残念ながら、大学教員の採用数はとても少ないのが現状なので、新卒で就職できない人がいます。東京大学をでても、就職先がなくて困っている人が実はたくさんいるのです。

では、大学教員として就職できなかったらどうするのか?調べました。


就職できなかったら

 国立研究所に研究者として就職する
 民間研究所に研究者として就職する
 ポスドクになる
 オーバードクターになる
 その他

ポスドクとは: 
ポスドク=ポストドクター。
大学や研究機関にて働く、任期制の博士研究員です。そのほとんどが、正規雇用の大学教員もしくは、研究職になるまでのつなぎとして、働いています。


博士課程 卒業者 就職


ポスドク問題

35歳をすぎたポスドクは、正規雇用の職に就職することが困難だといわれています。理由は、採用年齢の上限を35歳としている企業・大学が多いことと、35歳をすぎると年齢的に別の職業をさがすとゆうことが難しくなるからです。35歳をすぎたポスドクは、高齢ポスドクとよばれ社会問題になっています。