本文へスキップ

高校生・大学生・社会人のための大学教授になる方法/大学資料請求

トップ > 大学ランキング > 上場企業社長の出身大学ランキング

上場企業社長の出身大学ランキング

 上場企業社長の出身大学ランキングは、一部上場企業の社長の出身大学(大学院)を調べてランキングしたものです。

1位は慶應義塾大学。慶応義塾大学出身の社長がいる会社:東京電力、新日本石油、味の素、損保ジャパン、ローソンなど

2位は東京大学。東京大学出身の社長がいる会社:日立製作所、三菱商事、NTT、新日本製鐵、三井住友ファイナンスグループなど

3位は早稲田大学。早稲田大学出身の社長がいる会社:ファーストリテーリング、武田薬品工業、東芝、東京海上ホールディングスなど。

一部上場企業は、1740社あります。1位から4位のトップ4の社長数の合計は、606人。とゆうことは、一部上場企業の3人に1人はトップ4大学出身者とゆうことになります。
 

その他の特徴として、旧帝大は『理工系』学部の出身者の比率が高いことがあげられます。たとえば、京大工学部卒の社長:関西電力、キャノン、三菱電機。「理工系は出世できない」、なんてウワサをよく聞きますが、ガセネタだったようですね。

いつか社長になりたいなぁ。


上場企業社長の出身大学ランキング

順位 大学 社長数
1 慶應義塾 240(13)
2 東京 165(11)
3 早稲田 134(8)
4 京都 67(14)
5 中央 41
6 日本 34(2)
7 大阪大学 34(12)
8 明治大学 32
9 一橋大学 31(2)
10 神戸大学 30(1)


*()内は大学院出身者の内数
*雑誌・週刊ダイヤモンド 2009.10.31より引用

よし!社長になるぞ!!